高松市の整体・整骨院なら「みどり鍼灸整骨院」テレビや雑誌で多数紹介

脊柱管狭窄症

side-main-08kyousakusyou

 

14年間で10万人が感動!
なぜ、こんなにも多くの方
から支持されるのか?

 

 

このような悩みは
\ありませんか?/

  • 腰をまっすぐに伸ばして歩くのがつらい
  • 歩くと足のしびれがひどいが、前かがみの姿勢や自転車はラク
  • 足の裏にモチや湿布の張り付いたような違和感があり不快
  • 足に力が入りづらくスリッパが脱げやすい、階段でつまずきやすい
  • これ以上悪化すると手術といわれたが、できれば何とかしたい
  • 肛門周囲のほてりや尿の出が悪く、逆に尿が漏れることもある
  • 運動不足が原因と言われ痛みを我慢してトレーニングしている
  • 腰が曲がって恥ずかしくて外に出たくない
  • 整形外科や整骨院、鍼灸院に行っても一向に改善されない

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

テレビや雑誌で多数紹介! 香川でも有名な整骨院です

 

医療関係者・専門家が 当院の技術を絶賛!

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!/

 

「3年ぶりにゴルフを再開することができました」

仕事上、デスクワークでほぼ一日中座りっぱなしの生活をしています。もともと慢性的な腰痛を患っており、3年前から次第にひどくなり、段々と足のしびれがつらくなってきました。病院では「脊柱菅狭窄症」と診断され、手術以外に改善する手段はないと言われ痛み止めの薬やビタミン剤を飲みながら、2ヶ月間毎日リハビリに通っても、痛みは軽くなりません。カイロプラクティック、整体、鍼など、良いと聞くとその日のうちに行き、治療したときには痛みが少し和らぐものの、すぐにまた同じ痛みが戻ってきます。右足のしびれもだんだん強くなってもう、手術しかないと考え始めた時、知り合いの方から「きっとよくなるから、いってごらん」と言われても半信半疑でした。それまで何箇所に行っても少しも良くならなかったからです。治療は整体と鍼灸治療中心で3ヶ月経過した頃には歩ける距離も明らかに伸びてきて足の痛み、シビレも「我慢できない痛み」から「ジンジンする程度」に変わってきました。痛みに困ってからは趣味のゴルフをストップしていましたが、「そろそろゴルフの練習を始めてはいかがですか?」の院長に言葉に3年ぶりにゴルフの練習が再開できたことに本当に感動です。
あれほど腰や足の痛みと痺れが酷くて立っているのも歩くのも辛かったのが嘘のようです。
完治ではありませんが、まずはゴルフを再開できたことに感謝しかありません。

当院からのコメント
脊柱菅狭窄症は一生改善しない病気と言われています。進行度合いにもよりますが膀胱に麻痺が出てない場合でしたら整体で改善傾向にありますし信じて治療していただき本当に感謝です。1診目から「仙腸関節」ロックを外す矯正、骨盤の傾きを水平にする調整、体幹トレーニングでバランス力を向上させていきました。凝り固まっている箇所には鍼治療もしました。2診目以降、足裏の違和感が減少し少しずつ歩いていただき、リハビリを積んでいただきました。その後、自宅でストレッチとトレーニングを合せてしていただき、回数を重ねるごとに歩ける距離が改善していきました。痛みを長期間かばっていたことで左右の筋肉の偏りがありますがトレーニングによって改善し下半身の肉付きの偏りを改善してまいります。

(小笠原宏大 男性 高松市在住 70代)

※効果には個人差があります

「ここまで患者のことを考えてくれる先生はいません」

数年前に、自宅の段差でつまずき転倒し、胸を思いっきり床で強打しました。その後、咳をした時に胸に痛みと呼吸が苦しく身なり、すぐみどり鍼灸整骨院で診てもらい肋骨骨折と判明。医療機関を紹介してもらい、レントゲン撮影、リハビリと完治まで非常にスムーズに行ったことに感謝しました。その時に、「どうしてつまずいたのか?」という部分を分析し、脊柱管狭窄症が判明。今まで年齢のせいだと思っていたのかまさか神経痛だとは思いませんでした。比較的早期だったこともあり、歩行時痛やシビレも現在まで順調に改善しています。痛みの伴わない治療で身体の負担なく施術してくださります。まだ完治ではありませんが歩けなかった頃を思うと夢のようです。つい最近に転倒した時に橈骨という腕の骨折も迅速に対応してくださり後遺症なく治すことができました。

当院からのコメント
筋力低下は一生改善しない病気と言われています。進行度合いにもよりますがあまりにも低下していなければ整体で改善傾向にありますし信じて治療していただき本当に感謝です。1診目から「アキュスコープ」で傷ついた組織の修復を促し、周囲を緩める筋膜リリース、体幹トレーニングでバランス力を向上させていきました。凝り固まっている箇所には鍼治療もしました。2診目以降、自宅や職場でしてほしいトレーニングをお伝えし、リハビリを積んでいただきました。その後、治療と自宅でストレッチとトレーニングを合せてしていただき、回数を重ねるごとに可動域が改善していきました。痛みを長期間かばっていたことで左右の筋肉の偏りがありますがストレッチや生活習慣改善によって改善し改善してまいります。

(岩田春夫 男性 高松市在住 90代 )

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも脊柱菅狭窄症が
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

gikkuri3-e1471912803736 - コピー - コピー - コピー - コピー

整形外科のリハビリ(①注射 ②腰の牽引 ③コルセットで改善しない理由

  • 注射:痛み止めの注射や神経ブロック療法は、とりあえず痛みを緩和させるだけの効果しかありません。炎症を抑えたり、筋肉を弛緩させて、神経の圧迫を和らげるしか出来ないのです。内服薬や座薬も同じような作用しかありません。薬剤の効果が時間とともに薄れると、再び同じような痛みが出てきます。
  • 腰の牽引:牽引によって腰を引っ張っても椎骨間はそう簡単に広がるものではありません。背骨が歪んだまま、ズレたまま機械的に牽引しても、牽引後はまた同じ状態に戻ってしまう場合がほとんどです。
  • コルセット:使い方を間違えると逆効果になることもあります。あまり長期間にわたってコルセットをつけていると背骨の筋肉や腹筋が弱まってしまいます。その結果、背骨を支えることが出来ず、背骨の歪みやズレがますますひどくなることもあります。背中がますます曲がってきた、あるいは腹筋が弱まってお腹が出てきてしまったという方も多いです。

 

一般的な整骨院の施術(①電気 ②温熱 ③マッサージ)で改善しない理由

  • 電気:狭窄部は皮膚からおおよそ3~7cm部分にあります。電気刺激は基本的には皮膚から3mm程度の深さまでしか刺激が入りません。刺激によって一時的に痛みが和らいでも根本的な解決にはなりません。
  • 温熱:手軽さや痛みを和らげる効果は非常に高いのですが、持続時間はとても短く1~2時間ほどしか持ちません。
  • マッサージ:狭窄症とは腰椎や椎間板の変性、黄色靭帯の肥厚など種々の原因により脊柱管の狭小化をきたし、神経を圧迫した状態になります。非常にデリケートな部分です。強い刺激のマッサージを受け続けるとヘルニアが刺激され腰の筋肉が硬くなり余計に痛みが悪化する場合もあります。また脳が依存的になってしまい、更に強い刺激でないと気持ちが良くない、マッサージしてもらわないと痛みが和らがないと行った間違った思考に陥るリスクもあります。

 

放置していても改善しない理由

実際は症状が出てから早めに治療をすればするほど改善します。狭窄症は一種の老化現象で加齢によって腰椎や椎間関節が変更したり、椎間板が膨隆したりして脊柱管内が狭くなり脊髄を圧迫します。放置して時間が経てばたつほど痛みの悪循環に陥ってしまいます。痛みがあると自然と痛みが出ない姿勢をとります。そのため痛みが長引くほど筋肉には異常な拘縮状態が起こり、「こり」はどんどん広がっていき、腰全体、背中全体の筋肉が凝り固まってしまいます。こうなると、疲労物質や発痛物質が蓄積して耐え難い痛みとなっていくのです。また、固くなった筋肉に引っ張られて背骨もますます歪んでしまいます。歪むことで脊柱管内が更に狭くなり、腰を伸ばした姿勢で脊髄が接触しやすくなります。接触すると身体のあちこちに痛みや不調が出てくるというわけです。

 

検査不足で脊柱菅狭窄症でなかった場合

f5f74179f02fc19d6d7901401fc5b3c3_s

椎間板ヘルニア:「ヘルニア」とは本来あるべき場所から“はみ出ている”という意味です。

椎間板とは椎骨と椎骨の間にある軟部組織です。椎間板の中にはゼリー状の物質「髄核」があります。この「髄核」が椎間板内圧の上昇によって飛び出し神経を圧迫して腰や足に痛みを引き起こすのが腰椎椎間板ヘルニアです。主に「坐骨神経痛」「腰痛」を引き起こします。腰痛はなく坐骨神経痛のみの場合もあります。 好発年齢は20~40歳で女性よりも男性の方が2~3倍起こりやすいといわれています。

梨状筋症候群:梨状筋はおしりの奥にある筋肉です。長時間座り通しの姿勢が原因で、梨状筋が坐骨神経を締め付ける状態です。特徴としては、立っていたりするときには全く痛みを感じることはなく、座り姿勢でおしりが圧迫されると坐骨神経痛が発症するということです。梨状筋症候群は、腰椎が原因の坐骨神経痛とは治療法が異なります。

閉塞性動脈硬化症:脊柱菅狭窄症の特徴である「間欠性跛行」は、閉塞性動脈硬化症という血管の病気でも起こります。原因は動脈硬化なので坐骨神経痛に対する治療を行ってもよくなりません。しかも、動脈硬化の治療をしないでいると、間欠性跛行が続くばかりか、やがて脳や心臓の血管にも動脈硬化が原因の病気、脳梗塞や心筋梗塞が発症するリスクが高まります。

 

脊柱菅狭窄症を手術しても完治しない理由

狭窄症の病状が進行し、排尿障害、排便障害を起こしている場合は早急に手術を受ける指示があるかと思います。実際の割合は膀胱には支障のない間欠性跛行で困ってる方々が大半です。しかし、症状が重い期間があまりにも長いと手術を受けた場合も十分な効果を得られないことが多々あります。その場合は、痛みやシビレが改善しても、マヒが残る場合があります。また、長く歩けるようになったものの、シビレがとれないという場合もあります。

 

 

症状についての説明 

72cc2959497ee29fd42960a892ba0a3c_s - コピー - コピー (2) - コピー

984484beceb2278c68b5447937fcb847_s脊柱菅狭窄症は50歳以降を好発年齢とし、腰痛や下肢痛をきたす疾患です。早い方だと30代でも発症することがあります。高齢者では狭窄が2箇所、3箇所ということもよくあります。脊柱管というのは背骨のトンネルで、中に「脊髄」を通しています。そのトンネルが細くなり、神経が挟み込まれた状態を脊柱菅狭窄症といいます。症状の特徴としては「間欠性跛行」「下肢の感覚障害」「膀胱直腸障害」です。多くの例で狭窄症は年齢とともに進行します。

間欠性跛行:最も特徴的なのは歩行障害です。歩き始めて数分もすると、足の痛みやしびれがひどくなり、一歩も歩けなくなってしまう。ただ、腰をかがめたり座ったりして休んでいると再び歩けるようになり、歩き始めて数分経つとまた痛くなる。この繰り返しになります。この症状の方は特に腰を伸ばして歩こうとするときが痛く、腰を丸め、前屈みになって歩くのは割合にラクです。さらに、自転車に乗る時は姿勢が前かがみになるので、歩くのはつらいが自転車なら乗れるという人も数多くいます。

下肢の脱力症状:狭窄症が進行すると、やがて長時間立っているのが辛くなり、スリッパが脱げやすい、階段でつまずきやすい、足が上がらないなど下肢の脱力症状が見られることがあります。また、知覚障害が進行すると、足の裏にモチや湿布の張り付いたような違和感があり不快で歩きづらいと訴える方も多いです。

1028287膀胱直腸障害:進行例では膀胱直腸障害が出現し、頻尿、残尿感、便秘などがみられ、時に尿閉や尿失禁などの高度の障害を合併します。肛門周囲のほてりを感じる場合もあります。

高度の神経因性膀胱の場合は、緊急手術となることも珍しくありません。

 

 

原因

034-2 - コピー (2) - コピー

骨盤(仙腸関節)のバランスが悪くなっている

1173541骨格や関節は身体の重みを支えながら、様々な動作ができるよう、実に巧妙かつ繊細な力学バランスのもとに構築されています。

たとえば身体が左右どちらかに傾けば傾きすぎて倒れないよう反対側に体重を移動します。そのときに骨や関節、筋肉は一斉に連携して動いて特定の箇所だけに無理がかからないように力や重さをうまく分散させています。

骨盤のなかでもいちばん重要なのが、左右にある「仙腸関節」で、地面からの衝撃をクッションの役割を果たして力を分散させて逃がすことが出来ます。

いわば“免震構造”のような建物のようなもので、脊柱菅狭窄症など脊椎にトラブルが現れるのは、土台への衝撃を分散させるこのシステムが機能しなくなってきているからです。

実際に脊椎疾患の患者さんの仙腸関節は可動性がなく“ロック”している状態になっており、クッション性や柔軟性に乏しいため、骨盤が取れる動きの幅も制限され、「体が硬い」といわれる状態になってしまいます。

姿勢環境:脊柱菅狭窄症は、いつも姿勢をピンと背筋を伸ばしていて、普段から体の重心を後ろ寄りに乗せている人に発症しやすい傾向にあります。中でも多いのは、常に周囲から注目を浴びていて、いつも自分の姿勢に気を払っているような方々が多いです。後ろ重心によって脊柱後方の黄色靭帯が肥厚しやすくなり年齢とともに発症リスクが高まります。

運動不足:痛み止めのみで対処したり、長期間痛みをかばっている方のほとんどは姿勢が横に曲がったり、肩こり、腰痛を同時に感じている方が多いです。人は1週間寝たままの状態を続けると10~15%程度の筋力低下し、3~5週間で約50%低下するともいわれています。最大筋力20%未満の活動では筋萎縮や筋力低下が起こりやすく、運動不足や痛みを長期間かばって筋肉を動かさない生活を繰り返すと脊柱を支える筋力が低下し、狭窄症の症状が悪化する可能性が高いということです。

寝具:寝具の硬さが狭窄症とかかわっていることがあります。狭窄症の多くは背筋を伸ばして歩行することによって痛みが誘発されますが、それは特定部位への圧迫が続くことを意味しています。硬すぎるマットレスは荷重面積が少なくなるため1箇所に圧が集中しやすくなります。とくにベッドではなく床に布団を敷いて寝ている人は体にかかる圧を分散できていない可能性があります。反対にやわらかすぎるマットレスは腰椎の生理的湾曲が崩れてしまいこちらもまた1箇所に集中してしまう原因となります。

 

 

当院での改善法

9e166878728e0def6aa4335879c4e8d0_s - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー

脊柱菅狭窄症は一般的には加齢が原因で治らない病状の代表といわれています。病院で脊柱菅狭窄症と診断されただけで暗い気持ちになった方は少なくないと思います。

手術をしなければ絶対治らないと考える必要は全くありません。

狭窄症は以下の治療を施すことで改善へと導いていきます。

 

「仙腸関節」を緩めて体の重心やバランスを整える

仙腸関節とは「仙骨」と「腸骨」を繋ぐ非常に大事な関節になります。また、腰椎の負担下げるクッションのような役割を果たしているところなのです。

仙腸関節の間にはわずかな隙間があり、数ミリの可動性があります。この隙間を調整し正しい位置に調整することによって背骨を中心とした骨格のバランスがどんどん整ってきます。

骨格が整うと骨格を支持する筋肉のバランスも次第に整って血液循環が良くなり、神経への圧迫も取れて、痛みが次々と消えていきます。

 

「骨盤の左右の傾き」を整えて神経障害を改善する

1186676骨盤は頭や脊柱を支え、足腰を動かす基軸となる身体の“土台”です。

人間は誰でも無意識の姿勢の癖(右利き・左足重心など)があり、骨盤も傾きが生じています。特に狭窄症の方は大きく傾きやすい傾向にあり、脊柱管内の神経と接触しやすい状態にあります。当院独自の骨盤の傾きを水平にする整体を施すことで、例え狭窄してても中の神経に触れない状態になりますので、お尻から足のシビレや痛み、足裏の違和感が軽減します。

 

インナーマッスルである「大腰筋」を緩めて姿勢を矯正する

845882大腰筋は背骨・骨盤の安定にかかわっている一番大事な筋肉で、この部分が固くなると、いくら姿勢を正そうとしても背筋を伸ばすことが出来ません。また、大腰筋の緊張は股関節を固くする原因でもあり、股関節の動きを腰椎が代償して腰に負担が集中して症状の悪化につながってしまいます。腰の奥深くにあり指圧では届かない距離にあるので鍼治療で確実に大腰筋を緩めていきます。

※鍼がどうしても合わない方は無理強いすることはいたしません。

その場合は鍼を使用しない別の治療をします。

 

自宅で取り組んでもらうリハビリの提案

1日でも早期改善するために自宅でしてほしい、「ストレッチ」「負担の少ない姿勢」「姿勢の癖改善」「トレーニング」「生活習慣改善」などがあります。

狭窄症でも痛みの出方は様々で痛みの酷いものから軽いものまであります。その時の段階に応じて一番最適なものをお伝えします。

実践することで症状の早期改善・再発の予防につながります。

 

 

キャンペーン

 

5月31までに
\ご予約の方に限り/

 

総合整体コース

初回 70分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 2,980円
(通常 7,560円×2回=15,120円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:0878021111予約フォーム

マップ

 

 

まだまだあります!
お客様からの喜びのお声

 

「激痛が改善して東洋医学の凄さに感動しました」

来院する数ヶ月前から坐骨神経痛が発症していました。日に日に酷くなり、ある日から激痛でとんでもなく痛みがありました。お尻から大腿、ふくらはぎに痛みがあって、痛みをかばって太もも前の手で抑えた跡がアザになるほど強く掴んでいました。病院では脊柱管狭窄症とすべり症の併発で手術以外に治療手段はないと言われ絶望のなか、他でよくなる治療はないかと探していたところ、みどり鍼灸整骨院を知りました。初診の時点で大腿の痛みは改善し歩けるようになりました。その後数回で激痛から開放され、体幹トレーニングも含めて総合的に治療して下さりました。1ヶ月空いても痛みが出ることはなく東洋医学の凄さを実感しております。

当院からのコメント
初診で来られた際に、すごく辛そうに足を引きずって来院されたことを覚えています。激痛で夜も眠れず痛みで脂汗が出るほど我慢されていました。1診目から骨盤の傾きを整える整体を施し、周囲の筋肉に鍼灸治療で筋肉のこりをほぐしていきました。またあまりにも硬かったのでインナーマッスルをマッサージしていきました。2診目以降、強烈な神経痛でも仕事の支障も少なく体幹トレーニングを取り入れ再発予防できるよう努めました。その後、仕事への支障も無くなり、日々のストレッチも実践されています。悪化すると手術してしまうほど悪化してしまう方もいらっしゃるので良くなって本当に良かったです。

(高松市在住 50代女性 野中英子様 )

※効果には個人差があります

「激痛だった足の痛みが改善し歩けるようになりました」

私は建築関係の仕事をしており、高い場所で中腰の姿勢でいることが多いことから腰椎にかかる負担が大きく、頻繁に狭窄症からくる坐骨神経痛を起こしていました。その都度、痛み止めや湿布でごまかしていましたが、今回は全く効かず約半年間痛みと闘ってきました。初めて伺ったときには、足を引きずって歩くことしかできず、治療ベッドにうつ伏せ、仰向けになるのも一苦労で足を伸ばすこともできませんでした。結局、膝を曲げて横向きに寝て、背中を丸めてエビのような体勢をとって治療を開始しました。病院では「加齢のせいだから上手く付き合うように」と言われ、半ば諦めかけていたものの、治療終了後にベッドから起き上がった動作がスムーズになり、歩行した際の痛みがずいぶんと軽減されているのを実感しました。最初は引きずっていた足が2週間後には足を上げて歩けるように回復しました。周りの人からも「本当に治療してよかったなぁ」と言われ仕事も頑張れる毎日です。
「諦めないで良かった」この一言に尽きます。

当院からのコメント
初めの時は奥様の付き添いで辛そうに歩かれている印象があります。病院では治らないと言われても、諦められなくて本当に良かったです。慢性的に患われていたので全体的な骨格の傾きがあり、腰以外にもお尻周辺の筋肉が非常に凝り固まっていました。1診目から骨盤の傾きを整える整体、お尻周辺の筋肉へ鍼を施しました。2診目以降から指圧を追加してリハビリを重ねていいただきました。仕事で疲労が蓄積しても症状が段々でなくなりました。自宅や職場では体幹トレーニングやセルフストレッチも実践していただきました。その後、歩行の際に足を引きずることもなく、足を上げることができました。段差でつまずくこともありません。痛みを長期間かばっていたことで左右の筋肉の偏りがありますがトレーニングによって改善し根本的に痛みを取っていけたらいいなと思います。

(津久田 博様 男性 高松市在住 70代)

※効果には個人差があります

 

 

注目!院長は全国の治療家に 技術指導しています

 

 

他院とはどこが違う?

↓

みどり鍼灸整骨院の
\ 6つの特徴 

 

1. 初回は約30分のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

A86Y0283

痛みの本当の原因を知ることが根本改善への第一歩です。時間を掛けてしっかり調べます。

 

 

2. 痛みのないソフトな施術

A86Y0304

お子様からご年配の方、妊娠中の方も受けて頂ける優しい整体です。

 

 

3. のべ10万人が感動!院長自らがオーダーメイドで施術

A86Y026214年間でのべ10万人の実績を持つ院長が、豊富な経験と高い技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

 

 

4. 再発予防もバツグン!充実のアフターケア

A86Y0335

更なる施術効果UP&再発予防のためのストレッチやトレーニング、食事指導にも注力。

 

 

5. 何院回っても良くならない方も多数来院されます

アフターケア病院や整骨院・整体院に何度通っても良くならない方が多数ご来院されます。ほとんどの方が今では健康な生活を取り戻されています。

 

 

6. 結果にこだわります

A86Y0294他院のような「一時的によくなった」「なんとなく良くなった」ではなく、根本改善という結果にこだわります。

 

 

高松市最大 20名掲載!

全国の有名整骨院から
推薦頂いております

 

「技術力と観察力は同業者から見てもレベルが高いです」

わかば整骨院
院長
羽生 尚弥

三野先生はレベルの高い観察力から症状の原因を見つけ、確実に完治へと導いてくれます。それは「痛み」の症状だけにアプローチするのではなく、根本的な症状を発している「原因」に直接アプローチをするからです。これは一般的な治療家では難しく、日々熱心に研究されている三野先生だからこそ為せる技です。週末は勉強会へ行き、各症状の専門家に教えを請い続けたからこそ多くの疾患を解決することが出来ます。
現状の技術や知識に満足することなく、常に一歩先へ向上しようという精神は、患者様の健康に貢献したいという想いからであり、そんな三野先生を同業者である私も心から尊敬してやまないです。
今まで、病院や整骨院、整体などいろいろなところに通ったけど症状の改善がみられなかった方で、本当に良くなりたいと望むのであれば、是非、最後の砦である三野先生の施術を受けられることをお勧めします。きっと期待に答えてくれるはずです。

「ここまで患者様のことを真剣に考えれる先生はいません」

おいかわ整骨院
院長
及川 伸

三野先生とは大阪の前職場でともに働かせていただき切磋琢磨してきた仲です。
同僚全て地方から出てきており、皆一心不乱に開業を目標に頑張ってきました。同僚でもありライバルでもありますが、日々の診療の中で、各々の悩みに対しても真剣に耳を傾け、自分事のように答えてくれる姿に、人間としての魅力を感じておりました。
三野先生は非常に勉強熱心で膨大な知識量と即効性のある技術をお持ちです。 そして何より尊敬するのが患者さまに対する想いです。お話させていただく中で「全ては患者様の為に」という言葉がでます。 ここまで周りの関わる人達の事を真剣に考えている先生は中々いません。
もし、どこへ行っても良くならない、絶対に改善したい気持ちがあれば、三野先生が、あなたのために最適・最善の治療を施してくれる事を保証します。

「重症の患者様が笑顔になって帰られる圧倒的な技術力」

やまざき整骨院
院長
山﨑 智司

あなたが治療院をさがしているならば、みどり鍼灸整骨院が最後になるでしょう。
あなたは今、自分の症状を本当に解決してくれるのか、みどり鍼灸整骨院のホームページを見ていることかと思います。
みどり鍼灸整骨院は1日に沢山の重症患者さんが来られています。
理由は、他の整骨院と違い患者様にとって最適でわかりやすい治療計画、どこへいっても改善しなかった患者様が笑顔になって帰られる圧倒的な技術力がありからです。
私も東京のあきる野市で整骨院をしておりますが何回も三野先生の治療技術の講習会に参加しました。そしてたくさんの治療家で休みをとってまで県外から治療見学に来られているのが衝撃的でした。
もしあなたが今まで病院や治療院に勇気を出して行かれたのに納得のいく治療を受けられていないのであればみどり鍼灸整骨院が最後の治療院になるでしょう。

 

 

キャンペーン

 

5月31までに
\ご予約の方に限り/

 

総合整体コース

初回 70分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 2,980円
(通常 7,560円×2回=15,120円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:0878021111予約フォーム

マップ

 

「みどり鍼灸整骨院」高松市で口コミ実績No.1 PAGETOP